Monochrome

モノに関する情報をまとめたブログ

映画「デスノート Light up the New world」の感想。【考察・ネタバレあり】

f:id:mono_kuro:20161104012918p:plain 

前作「デスノート the last name」から10年後の世界を舞台とした完全オリジナルストーリーの「デスノート light up the New world」が10月29日に公開されました。

「地上に舞い降りた6冊のデスノート」という台詞で始まる予告編を見ると、デスノートファンとしては期待せずにはいられませんね。

今回は「デスノート light up the New world」を観てみた感想や考察を綴っていきたいと思います。ネタバレを含みますので、お気をつけください。

デスノート Light up the New worldの基本情報

作品情報

  • 【監督】佐藤信介(「図書館戦争」「アイアムアヒーロー」他)
  • 【脚本】真野勝成(「ST 赤と白の捜査ファイル」「刑事7人」他)
  • 【原作】大場つぐみ・小畑健(「バクマン」「プラチナエンド」) 

佐藤信介監督の作品としては「GANTZ」シリーズや「図書館戦争」、「アイアムアヒーロー」など漫画原作の映画が多い印象がありますね。

 

主要なキャスト一覧

  • 三島創(東出昌大) デスノート対策本部特別チーム捜査官。署内No.1のキラ研究家である。
  • 竜崎(池松壮亮) Lの正統後継者。新生キラ事件に対応するため、ICPOから派遣されたLの遺伝子を持つ天才探偵。
  • 紫苑優輝(菅田将暉) 天才的なサイバーテロリスト。狂信的なキラ信奉者である。
  • 弥海砂(戸田恵梨香) 元・デスノート所有者・女優。
  • 青井さくら(川栄李奈) デスノート所有者。
  • 御厨賢一(船越英一郎) デスノート所有者。最高裁判事。
  • 七瀬聖(藤井美菜) デスノート対策本部特別チーム捜査官。
  • リューク(中村獅童) 死神。
  • アーマ(沢城みゆき) 死神。
  • ベポ(松阪桃李) 死神。
  • L・竜崎(松山松山ケンイチ)
  • 夜神月(藤原竜也)

 

あらすじ(ネタバレなし)

「名前を書かれた人間は死ぬ」というデスノートを使い、犯罪者たちを大量に殺人していく通称キラと呼ばれる夜神月。そのキラから世界を救うべく、立ち上がった世界的探偵"L"。その2人の熾烈な頭脳戦の末、"L"の命と引き換えにキラ事件は幕を閉じた。

そのキラ事件から10年後。再び人間界にもたらされた6冊のデスノートをめぐり、デスノート対策本部特別チーム捜査官である三島、Lの正統後継者である竜崎、狂信的なキラ信奉者であるサイバーテロリスト紫苑。

新生キラは誰なのか?三島や竜崎はデスノート事件を解決することが出来るのか?再びデスノート争奪戦が始まる。

 

映画をより楽しむための事前情報

映画の原作について

映画の原作は週刊少年ジャンプで連載されていた、原作・大場つぐみ、絵・小畑健による「デスノート」です。少年漫画とは思えないほど文章量だったことを覚えています。

名前を書くと死ぬデスノートの存在など斬新な設定と月・Lなどの魅力的な登場人物が繰り広げる頭脳戦が人気の作品ですね。

個人的にも大好きな作品で、全12巻を一気に読み終えてしまいました。特別版の13巻もデスノート好きにはたまらない内容となっています。特別ケースも素敵です。

 

前2作品とスピンオフ作品について

実写映画も話題になりましたね。特に夜神月役の藤原竜也さんとL役の松山ケンイチさんの演技や再現率が素晴らしかったです。Lなんて漫画からそのまま飛び出したようですね。

こちらの2作品は原作に沿ったストーリーのため。原作を読んでから見ると入り込みやすいかと思われます。

 

松山ケンイチさんのLが素晴らしい出来だったのでLを主演としたスピンオフ作品も公開されています。原作にはないLの姿を見ることができるのでマツケン演じるL好きは楽しめる作品ですね。

 

また、今作「DEATH NOTE Light up the NEW world」の公開を記念して、オリジナルグッズの販売も決定しました。オリジナルのnanacoカードなど魅力的な商品もたくさんありますので、ファンの方は要チェックですよ。

【関連記事】 ⇒ セブンネット限定でデスノートのnanacoカードが登場!予約方法についてご紹介します

 

デスノートのルールについて

今作で登場するデスノートには様々なルールが存在します。劇中でも語られているのですが、事前に覚えておくと、より映画を楽しむことができると思いますよ。

原作や前作を見たことがある方もおさらいしておくことをおすすめします。

今回は覚えておいたほうがよいルールについていくつか挙げておきたいと思います。

  • デスノートに名前を書かれた人間は死ぬ
  • 名前を書かれる人物の顔が頭に入っていないと効果は得られない。
  • 名前の後に人間界単位で40秒以内に死因を書くと、そのとおりになる。
  • 死因を書かなければ、全てが心臓麻痺となる。
  • デスノートから切り取ったページや切れ端などでもデスノートの効果は有効である。
  • 所有権に関わらず、デスノートに一度でも触れれば誰でも、それ以降はそのデスノートに憑いている死神が見えるようになり、会話もできる。
  • 2冊以上のデスノートに同じ人間の名前が書かれた場合、一番先に書かれたものが優先される。
  • デスノートを所有していた者が全てのノートの所有権を放棄すると、デスノート自体に関する記憶を失い、デスノートを使うために行った行動の記憶は、デスノートが絡まない形で残る。
  • 所有権を持たない状態でデスノートの記憶を取り戻すには、使用したことのあるデスノートに触れているしかない。ただし再び所有権を得ない場合は、ノートを離すと再び記憶を失う。
  • 死神が特定の人間に好意を持ち、その人間の寿命を延ばすためにデスノートを使用した場合、死神は死ぬ。

 

デスノート Light up the New worldの感想

 デスノート争奪戦であり、頭脳戦ではない

原作「デスノート」での魅力であった天才同士の壮絶な頭脳戦が今回も繰り広げられるんだろうなと考えていると楽しめないかもしれません。

登場人物は頭はいいのでしょうが、前作の月・Lと比較してしまうと劣っている感は否めませんね。3人それぞれの演技は素晴らしくて見所もあり、キャラクターもいいのですが頭脳戦とは言い難いと感じました。

また、6冊登場するデスノートですが、ほとんどがサクサクと回収されてしまいます。死神も3体しか登場しないので、6冊である意味というのがあまりないように感じました。

前半部分のストーリー展開は竜崎・キラ対策チームの無能さとサイバーテロリスト紫苑の有能さが際立っていましたね。紫苑によってサクサクとデスノートが回収されていくのは時間の都合上、しょうがなかったのでしょうかね。

ただし、後半部分はすごく楽しめました。特に三島・竜崎・紫苑の3人が対峙する場面はそういうことか!と思える展開で熱くなりましたね。「君の名は。」もそうですが、様々な伏線が張られているのでもう一度見てみたくなりました。

死神と竜崎の関係性や魅上や七瀬といった登場人物の行動など腑に落ちない点もありましたが、ラストシーンに関してはこういう終わり方もありかなと思いました。エンドロールの後のあの台詞はぞくっとしましたね。

 

前作の登場人物は必要だったのか

前作の登場人物である藤原竜也・松山ケンイチ・戸田恵梨香も出演するということで期待して観ていたのですが、登場のさせ方としては想像通りでしたね。

戸田恵梨香さんに関しては成長した弥海砂として多少ストーリーにも関わってきますが、絶対に必要かと言われるとそうではないような気がしました。ただし、弥海砂の最後のシーンはすごく良かったですね。

前2作品の回想シーンが流れるたびに藤原竜也キラと松山ケンイチLの魅力を再確認することができました。

 

出演者の演技はとても良かったです

f:id:mono_kuro:20161104012227j width=400

色々とストーリーについて書いてしまいしたが、主要な登場人物のキャストはとてもハマっていて良かったですね。個人的には竜崎役の池松壮亮さんと紫苑役の菅田将暉さんが魅力的なキャラクターを作り上げていて素晴らしいと感じました。

竜崎役の池松壮亮さんは、竜崎役となるとどうしてもLと比較してしまうのですが、コミカルなキャラクターで登場するたびにワクワクする点はLに共通する部分があると感じました。

また、サイバーテロリスト紫苑を演じていた菅田将暉さんも原作漫画のメロのような雰囲気をもっており、キラを崇拝しているキラ信者でありながらサイバーテロを楽しんでいる感じが見ていて楽しかったです。ラストシーンも良さが出ていたなと思います。

他にも三島役の東出昌大さん、弥海砂役の戸田恵梨香さん、松田桃太役の青山草太さんも良かったですね。そして映像と声のみの出演ですが、やはり藤原竜也演じる夜神月・キラは素晴らしかったですね。声だけでもかっこいいです。

 

原作オマージュが多数!

個人的に今作で嬉しかった点は原作漫画のオマージュシーンの存在ですね。原作を見ていた人はニヤッとできるような名シーンがたくさん散りばめられていました。

自分で気づいたところをいくつか紹介したいと思います。他にもありましたら、コメント等で教えていただけると幸いです。

夜神月の声がポテトチップスから

f:id:mono_kuro:20161103170250j:plain

原作や前作でも度々登場していたポテトチップスコンソメ味が今回も登場しました。小型テレビではなく、スマートフォンが入っていましたね。

 

腕時計に仕込まれたデスノートの切れ端

f:id:mono_kuro:20161103170252j width=

原作ではヨツバキラを殺害し、デスノートの所有権を得るために使用した腕時計に仕込んだデスノートの切れ端が、今回の映画でも登場しました。

映画では紫苑がキラの名前を書くときに使用したのですが、素晴らしい原作オマージュですね。さすがキラ信者。

 

 機動隊員のヘルメットを剥がす

f:id:mono_kuro:20161104010642p width=

原作ではメロが死神シドウに指示を出し、機動隊員のヘルメットを剥がして、死神の目を利用してデスノートで殺害するというシーンがあるのですが、映画では紫苑の指示により、リュークが原作と同様にヘルメットを剥がしていきました。

こういった原作を見ている方だけにわかるようなシーンがあるというのはとても面白いですね。漫画原作の映画の醍醐味といってもいいのではないでしょうか。

 

銃を乱射され死亡

f:id:mono_kuro:20161104010633p width=

原作ではメロの協力者として登場する、ワイミーズハウスのNo.3であるマット。マットは銃を乱射されて死亡するのですが、今作の映画では同様のラストを紫苑が見せてくれました。

紫苑というキャラクターはニア・メロ・マットの要素を持っているような気がしますね。

 

リュークの「計画通り」

f:id:mono_kuro:20161103170251j width=

デスノートいう作品で有名な台詞はいくつかありますよね。その中でも人気なのが「計画通り」でしょう。夜神月がデスノートの所有権を放棄した後、デスノートの記憶を取り戻し、再びキラとして誕生したシーンの台詞ですね。

今回の映画ではこの名セリフをリュークが言ってくれます。原作と同様にキラである記憶を取り戻したときに言い放ったこの台詞は原作好きにはたまらない演出だと感じました。

 

総評

映画の評価は賛否両論であり、特に原作のファンの方からの評価は低めだったりするのですが、個人的には「新しいデスノート」として楽しめた作品でした。

特に後半に押し寄せる、そうだったのかと思えるような展開や伏線の回収は見ていてワクワクできる内容だった感じました。出演されているキャストの方々の演技や原作オマージュも良かったですね。

原作や前2作品のようなデスノートを巡った頭脳戦を期待する方には不向きなのかなといった印象ですね。夜神月・Lの2人の天才には敵いませんでした、というのが正直な感想です。

もしも次回作があるのであれば、是非とも頭脳戦を期待したいですね。デスノートのルールはうまく利用していたと思うので、色々な戦いを期待できそうです。

終わり方も次回作がありそうな雰囲気でしたね。

 

あとがき

「デスノート Light up the New world」の感想についてでした。デスノートという名前が付いていますが、新しい作品として捉えれば、俳優陣の名演技もあり楽しめる作品だと思いますよ。

人気関連記事