Monochrome

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Monochrome

モノに関する情報をまとめたブログ

本当に面白いおすすめのGC(ゲームキューブ)ソフトランキング30

f:id:mono_kuro:20170315233251p:plain

任天堂の名作据え置きハードであるゲームキューブ(GC)には名作ソフトが目白押しです。

今回は個人的に絶対に面白いと言える、おすすめのGCソフトをランキング形式でご紹介したいと思います。

ゲームキューブはもちろん、Wiiでもプレイできるので、気になった作品がありましたら遊んでみてください。

※全てのソフトは画像をクリックすることでAmazonページへ行くことができます

目次

名作ゲームキューブソフトベスト30

第30位 シャドウ・ザ・ヘッジホッグ

あソニックアドベンチャー2で登場した「シャドウ」が主人公のアクションゲームです。

全体的に暗めの雰囲気でソニックシリーズとは違ったアクションやシューティングが楽しめます。

シャドウがとにかくかっこいいですね。

 

第29位 ドンキーコンガ

ドンキーが主人公のリズムゲームです。太鼓の達人に似たシステムで太鼓の代わりにタルコンガを使用するのが特徴ですね。

手を叩くと反応するのは直感的で新しいなと感じました。

複数人で盛り上がれる作品です。

 

第28位 巨人のドシン

「ほのぼの巨人育成ゲーム」という、異色のジャンルの作品です。

街を発展させたり、破壊したりと、自分の好きなように世界を作り上げていくのが面白いですね。

モニュメントのコレクション要素もあるので、じっくりと時間をかけて楽しみたい作品だと思います。

 

第27位 デジモンワールドX

デジモンのアクションロールプレイングゲームです。おなじみのデジモンが登場するのはファンにはたまりません。

デジモンの育成要素はもちろん、ストーリーもしっかりしているので、育成だけでは物足りないという方はぜひ。

クリア後もハードモードが用意されていたりと、たくさんやり込める作品に仕上がっていますよ。

 

第26位 バトルスタジアムD.O.N

週刊少年ジャンプの名作漫画である、ドラゴンボール・ワンピース・ナルトの登場人物が勢揃いした豪華なバトルゲームです。

対戦形式はスマブラのような感じで最大4人対戦が可能となっています。

どの作品も魅力的なキャラクターばかりなので、ファンの方は楽しめると思いますよ。

 

第25位 実況パワフルプロ野球10

実況パワフルプロ野球シリーズの第10作品目ですね。

今作はとにかくサクセスが面白いです。

サクセスの中でも人気の高い、高校野球編であり、それぞれの高校に魅力的な特徴があるので何度も楽しめるサクセスに仕上がっています。

 

第24位 ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル

FFシリーズのGC作品ですね。

ジャンルはロールプレイングゲームですが、レベルがないのが特徴です。

GBAを接続すれば最大4人同時プレイを楽しめる点もポイントですね。

一人でまったりプレイするのも楽しいですが、マルチプレイの楽しさも魅力的です。

 

第23位 ちびロボ!

小さなロボットを操作して、お手伝いをする事でみんなをハッピーにしていくというゲームです。

登場するキャラクターがそれぞれに個性があり、可愛いらしいですね、

アクションゲームですが、ストーリーも奥深く、推理・謎解き要素もあったりと完成度が非常に高いです。

 

第22位 ドンキーコング ジャングルビート

スーパーファミコンのドンキーコング3から続く、王道横スクロールアクションゲームです。

ゲームキューブ版ということで、グラフィックやBGMが大幅にパワーアップしていますね。

タルコンガを使った操作も斬新で、慣れるまでは戸惑いますが面白いです。

 

第21位 ルイージマンション

ルイージが主人公の今までにないアクションゲームです。

ルイージのビビりであるという部分がうまくゲームシステムに落とし込まれていてプレイしていて楽しいですね。

続編も出ているルイージの代表的作品です。

 

第20位 動物番長

動物を食べて成長していくシンプルながら奥が深いゲームです。

登場するキャラクターがシュールで面白いですね。

ゲーム自体もコンパクトなので、気軽に遊べる作品です。

 

第19位 マリオパーティ7

マリオパーティシリーズの第7弾です。 今作もマリオシリーズに登場するキャラクターが勢揃いの楽しいボードゲームが遊べます。

7の特徴としては、付属のマイクを使用したミニゲームがある事ですね。

ルールも簡単で分かりやすいので、だれでも楽しめるパーティゲームの定番です。

 

第18位 ピクミン

「愛の歌」というCMの音楽も有名な任天堂のアクションゲームです。

赤・青・黄の3種類のピクミンをうまく使い分け、ストーリーを進めて行きます。

世界観や、登場するキャラクター、ストーリーなど細部にわたってこだわりが感じられる名作ですね。

 

第17位 ソニックアドベンチャーDX

ドリームキャストから発売されている名作ハイスピード3Dアクション「ソニックアドベンチャー」が、名前の通りデラックスになってGC版として新登場した作品です。

爽快なスピード感を満喫できる「アクションステージ」と、RPG的なストーリー展開を楽しめる「アドベンチャーフィールド」の2部から構成されています。

ソニックシリーズのスピード感がよく出ている作品だと思いますね。

 

第16位 牧場物語 ワンダフルライフ

牧場を経営する名作シミュレーションゲーム「牧場物語」のゲームキューブ版です。

今作では、今までの作品以上に村の生活や動物、作物といったすべてにおいてとてもリアルに描かれているのが魅力であり、特徴といえます。

その中にも作物の品種改良といったゲーム的要素も組み込まれているので、長く楽しめる作品だと思いますね。

 

第15位 ゼルダの伝説 4つの剣+

ゼルダの伝説シリーズの外伝的な作品です。

タイトルにもある通り、4人で協力して遊ぶことを前提に作られた作品となっています。

ゼルダの謎解き要素と、複数プレイヤーでの協力要素をうまく融合させた作品といえるでしょう。 友達と一緒に遊ぶとかなり盛り上がりますよ。

 

第14位 GIFTPIA(ギフトピア)

ジャンルは「オルタナティブRPG」というものでRPGではないRPGといえますね。

レベル上げなどの概念が存在せずなどの概念が存在せず、エンディングも一つではありません。

プレイしていくと、その世界観や魅力的なキャラクター帯の虜になっていきます魅力的なキャラクターたちの虜になっていきますよ。

大人が遊んでも楽しめる名作です。

 

第13位 ビューティフル ジョー 2 ブラックフィルムの謎

ゲームキューブで登場したビューティフルジョーシリーズの第2作品目です。

横スクロールアクションと、スロー・スピードといった時間の使い分けが奥深くて面白いアクションゲームです。

各キャラクターの個性がすごく強いのですが、だんだんと魅力的になってくるんですよね。

 

第12位 マリオカート ダブルダッシュ!!

マリオカートシリーズのゲームキューブ版ですね。今作の特徴は何と言ってもカートに2人乗りすることです。

二人乗りすることにより、アイテムも2つ持つことができるようになる為、より戦略的にレースを進めることができるようになりました。

バリエーション豊かなキャラクターやコースは変わらずで、万人が楽しめるレースゲームに仕上がっていますよ。

 

第11位 マリオテニスGC

マリオシリーズのキャラクターが登場する簡単操作で楽しめるテニスゲームです。

AボタンとBボタンで簡単に球種を使い分け、直観的に遊ぶことができるのでテニスのルールを知らなくても楽しめる作品です。

テレサやパタパタなどキャラクターによって個性があり、通常のテニスではありえないような必殺技があるのもいいですね。

最大4人の対戦は盛り上がること間違いなしです。

 

名作ゲームキューブソフトベスト10

第10位 カスタムロボ バトルレボリューション

ニンテンドウ64で登場したカスタムロボシリーズのゲームキューブ作品です。

前作からグラフィックが大幅に向上し、バトルがより見やすく、白熱したものになりました。

カスタムロボは対人戦が熱いんですよね。

基本的なバトルシステムは変わらないので前作を楽しめた方は間違いなく楽しめると思います。

 

第9位 スーパーマリオサンシャイン

ニンテンドウ64で登場した「スーパーマリオ64」以来の箱庭マリオですね。

今作では新たにポンプを使ったアクションが登場し、冒険をよりいっそう楽しいものにしています。

ゲームシステムやシナリオの完成度が高いのはもちろんですが、箱庭マリオならではの街並みや水・インクなど細部にわたって綺麗なグラフィックが素晴らしいです。

さすがマリオといえる作品ですね。

 

第8位 牧場物語 しあわせの詩 for ワールド

牧場物語シリーズのGC版ですね。

前作の「牧場物語 ワンダフルライフ」と比較すると従来のようなデフォルメされた世界観に戻っています。

今まで通りの牧場経営や恋愛要素、アイテム収集等に加えて音符を集めるというシステムも追加され、より長く楽しめるようになっています。

農作地の自由度なども高いので、やりこみたい方におすすめです。

 

第7位 どうぶつの森e+

ニンテンドウ64で登場した「どうぶつの森」のGC版ですね。

前作と基本的なシステムは変わりませんが、純粋にパワーアップしたバージョンといえるでしょう。

今作ではファミコンという家具を入手することで実際にファミコンのソフトを遊べるのも魅力のひとつです。

自由気ままにスローライフを楽しめるシミュレーションゲーム好きには、たまらない作品ですね。

 

第6位 ピクミン2

ピクミンの続編ですね。前作から正統進化した作品といえるでしょう。

前作に登場した赤・青・黄に加えて、新たに紫ピクミンと白ピクミンが登場しました。

それぞれに個性があり、紫と白は強力であるが増やしにくいといった特徴もあり、戦略的にストーリーを進めるのが楽しいですね。

前作と比較して、ストーリーの進行が自由に行えるようになったので自分の好きなようにプレイすることができるのはうれしい点だと言えます。

 

第5位 ペーパーマリオRPG

ニンテンドウ64の名作「マリオストーリー」の続編にあたる作品ですね。

今作も魅力的なキャラクターといい意味でマリオらしくないシリアスなストーリーで完成度の高いRPGに仕上がっています。

シナリオクリア後もやり込み要素が多々あり、ふとした時にプレイしたくなる任天堂の名作ですね。

基本的なシステムは前作とほぼ同じなので、前作をプレイした人なら特に違和感なくプレイできると思います。

また、前作とのストーリー的な繋がりはほとんど無いため、前作を未プレイの方も楽しめます。

 

第4位 カービィのエアライド

星のカービィシリーズ唯一のレースゲーム作品ですね。

プレイモードはレースゲームの「エアライド」、2Dの簡単モード「ウエライド」、マシンの育成と対戦モード「シティトライアル」の3つがあり、最大4人までの対戦プレイができます。

一人でとことんタイムアタックをするのもよし、4人でわいわいシティトライアルをするのもよし、という時間泥棒のソフトですね。

簡単な操作で誰でも気軽に楽しめるゲームでありながら、やりこみ要素が豊富で上級者でも楽しめるという万人に愛されるソフトだと思います。

 

第3位 ゼルダの伝説 風のタクト

ゼルダの伝説シリーズのゲームキューブ版です。

前作との大きな違いは何と言っても主人公リンクをはじめとした登場人物のグラフィックでしょう。

ネコ目リンク(トゥーンリンク)のかわいさとは裏腹に、ゼルダらしい謎解き満載のアクションを楽しむことができます。

やりこみ要素も豊富で飽きずにいつまでもプレイできる名作といえるでしょう。

WiiU版として「ゼルダの伝説 風のタクトHD」も発売されているので、WiiUをお持ちの方はこちらをどうぞ。

 

第2位 大乱闘スマッシュブラザーズDX

ゲームキューブの定番対戦ゲームですね。

数あるスマブラシリーズの中でもプレイ時間が多いのは「スマッシュブラザーズDX」という方も多いのではないでしょうか。

Wii版のスマブラXと比較すると、そのスピードに圧倒されると思います。

ゲームバランスもとてもよく、極めれば極めるほど人間離れした動きも可能になるところにやりこみがいがあっていいですね。

また、今作ではトーナメントモードがあるので2人以上でもタイマンで遊べるのが嬉しいです。

 

第1位 ソニックアドベンチャー2 バトル

もともとはドリームキャストで発売された「ソニックアドベンチャー2」に様々な要素をプラスし、GC版として発売された作品ですね。

ソニックの面白さをすべて詰め込んだといってもいいくらいの名作に仕上がっています。

ストーリーモードはオープニングからかっこよく、一気にゲームの世界に引き込まれます。

ゲームシステムもアクション・謎解き・シューティングとバリエーションが豊富で、そのどれもにやりこみ要素が詰め込まれています。

また、チャオという生命体の育成モードも用意されており、こちらも奥が深くて、これだけでも別のゲームとして楽しめるくらいハマります。

とにかくボリュームがあり、一人でもみんなでも楽しめるゲームキューブの名作ソフトです。

 

あとがき

ゲームキューブ(GC)のおすすめ作品、色褪せない名作のまとめでした。

ゲームキューブは個人的に一番プレイ時間が長いハードなので、それだけ思い入れのある作品が多いですね。

ランキング上位の作品は一人でじっくりプレイできるような作品が多いので、今でも十分楽しめると思います。

プレイできる端末がゲームキューブWiiに限られてしまいますが、気になった作品がありましたら是非ともプレイしてみてください。

 

関連記事