読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Monochrome

モノに関する情報をまとめたブログ

Macでのスクリーンショットの撮り方・ショートカットキーのまとめ

f:id:mono_kuro:20170226175732j:plain

Macを利用している方で画面のスクリーンショットを撮りたい場合、ショートカットキーを利用することで簡単に撮ることができます。

今回はスクリーンショットを撮る方法とショートカットキーをまとめておきたいと思います。

macでスクリーンショットを撮る3つの方法

画面全体のスクリーンショットを撮る

  • 「command」+「shift」+「3」キー

このショートカットキーを使用することで画面全体のスクリーンショットを撮ることができます。一番オーソドックスなスクリーンショットの撮り方ですね。カシャッというカメラ音の後にスクリーンショットがデスクトップに作成されます。

 

選択した範囲のスクリーンショットを撮る

  • 「command」+「shift」+「4」キー

このショートカットキーを使用すると選択した範囲だけをスクリーンショットとして保存することができます。ショートカットキーを押すと、ポインタが十字型に変わります。

十字形に変わったら、スクリーンショットの撮影範囲の始点となる位置に十字ポインタを移動します。その位置からクリックをしたままドラッグして範囲を選択します。クリックを離すとスクリーンショットが作成されます。

screen_capture

また、「shift」キーを押しながらドラッグをすると左右を固定して範囲選択、「option」キーを押しながらドラッグするとで位置を固定して範囲選択など範囲の選択方法が変化します。

 

ウインドウのスクリーンショットを撮る

  • 「command」+「shift」+「4」キー+スペースバー

このショートカットキーを使用するとウインドウをスクリーンショットとして保存することができます。ショートカットキーを押すと、ポインタが十字型に変わります。

十字形に変わったら、スペースバーを押します。すると十字マークがカメラのアイコンに切り替わります。このカメラポインタをスクリーンショットを撮りたいウインドウに移動して、そのウインドウをハイライトします。

yosemite-capture_specific_window

 

その状態でマウスかトラックパッドをクリックするとデスクトップにスクリーンショットが作成されます。

 

スクリーンキャプチャーのショートカットキー一覧

スクリーンキャプチャー機能のショートカット

ショートカットキー 説明
「Command」+「Shift」+「3」 デスクトップ全体を撮影
「Command」+「Shift」+「4」 選択した範囲を撮影
「Command」+「Shift」+「4」+「スペース」 ウインドウを撮影
「Control」+「Command」+「Shift」+「3」 デスクトップ全体を撮影し、クリップボードへ転送
「Control」+「Command」+「Shift」+「4」 選択した範囲を撮影し、クリップボードへ転送
「Control」+「Command」+「Shift」+「4」+「スペース」 ウインドを撮影し、クリップボードへ転送

 

スクリーンキャプチャー機能のショートカット

ショートカットキー 説明
「スペース」を押し続ける 選択範囲の大きさを固定して、選択範囲を動かすことが可能
「Shift」を押し続ける 選択範囲の縦または横どちらか一方の長さを固定
「Option」を押し続ける 選択範囲の中心を基点に選択範囲の大きさを変更
「Shift」+「スペース」を押し続ける 選択範囲の大きさを固定して、縦または横の座標を固定して選択範囲を動かせる
「Shift」+「Option」を押し続ける 縦または横の座標を固定して、選択範囲の中心を基点に選択範囲の大きさを変更
「Esc」 キャンセル
「Command」+「.(ピリオド)」 キャンセル

 

あとがき

Macでスクリーンショットを撮る方法のまとめでした。覚えておくと便利な機能なので、しっかり確認しておきましょう。