Monochrome

モノに関する情報をまとめたブログ

本当に面白いおすすめのNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)ソフトランキング

f:id:mono_kuro:20170321220817p:plain

  • 一部追記・修正しました(2017/8/2)

任天堂の最新据え置き型ゲーム機「Nintendo Switsh」。

テレビにつないで大画面でプレイとタブレットタイプで持ち運んでプレイするという2つのスタイルをスイッチして遊ぶ、今までにない端末です。

今回はそんな話題の端末ニンテンドースイッチの現在発売されているソフトの中から、個人的におすすめの作品を厳選してご紹介したいと思います。

今後、ソフトを買う際の参考になれば幸いです。

はじめに

  • ランキングは随時更新していきます。
  • あくまで私独自の個人的ランキングであり、万人受けする内容ではないのであしからず。

また、ニンテンドースイッチに関する基本的な情報や関連商品については以下の記事でまとめています。よろしければご参照ください。

 

名作NintendoSwitchソフト

第10位 スーパーボンバーマンR

f:id:mono_kuro:20170314220856j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

ボンバーマンがパワーアップして帰って来た!! ボンバーマン8兄弟が宇宙を舞台に悪の化身バグラーに挑む! おなじみの対戦モードも搭載。 世界中のみんなと盛り上がれ!!

引用:任天堂HP

今作ではストーリーモードとバトルモードをプレイすることが出来ます。グラフィックがとても綺麗でボンバーマンの進化を感じますね。

斜めからの見下ろし視点は少し見づらい点があるのですが、新しい試みで面白いなと感じました。

 

対戦はやっぱり楽しいですね。最大8人でワイワイ盛り上がれるのはパーティゲームとしていいと思います。

オンライン対戦も可能(現状は遅延が発生していますが)なので、とことん対戦を楽しみたい方にもおすすめです。アップデートにより遅延は改善されています。

 

f:id:mono_kuro:20170608230334j:plain

その他、アップデートにより斜めからで少し見にくかったカメラが設定で変更できるようになりました。また、斜めでの動きもやりやすくなり、とても操作性が良くなりました。

 

ストーリーモードでのボスの強さなどもバランス調整がなされていますので、発売当初より評価出来る作品となりました。

 

第9位 ぷよぷよテトリス

f:id:mono_kuro:20170321221740j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

誰もが知っている2大アクションパズルゲームがついにNintendo Switchに登場。 「ぷよぷよ」「テトリス」をさまざまなルールで、 さまざまな場所で、さまざまなスタイルで楽しむことができる夢のコラボレーションの1本。

引用:Amazon

人気の定番パズルゲームである「ぷよぷよ」と「テトリス」の2作品を一度に楽しめる1本ですね。

特に、ぷよぷよとテトリスで対戦できるモードは斬新で面白いなと思いました。

 

テーブルモードでも十分プレイできるので、ニンテンドースイッチの特徴であるおすそわけプレイとの相性がいい作品だなと感じましたね。

対人戦やオンライン対戦はもちろん、一人プレイのモードも充実しているので1人でじっくり遊びたい方も楽しめますよ。

 

第8位 1-2-Switch

f:id:mono_kuro:20170314220947j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

Nintendo SwitchからJoy-Conを外し、相手に渡して向き合った瞬間、その場がゲームの世界に早変わり。見つめ合うことで、誰もが一緒に楽しめる、Joy-Conの多彩な機能を活かした全く新しいゲーム。

引用:Amazon

ゲーム画面を見ずに相手の目を見て遊ぶ、という今までにないスタイルの遊び方を提案したニンテンドースイッチの代表的作品です。

1人で遊べるゲームはかなり限られるためひとりプレイはおすすめできませんが、2人ならかなり盛り上がれる作品だと感じました。

 

2人以上の場合でも、パーティモードが搭載されているので複数人でワイワイ楽しめますよ。

外にも気軽に持ち運びができるスイッチとの相性も抜群ですね。

 

第7位 いっしょにチョキッと スニッパーズ

f:id:mono_kuro:20170314221017j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

体は切れても、キズナは切れないコミュニケーション・アクションパズル。 Nintendo Switchで家族や友達とチョキッとチャレンジ。

引用:Amazon

赤いスニップと黄色いクリップを操作して遊ぶパズルゲームですね。お互いの体をチョッキと切り取れるのが特徴です。

こちらはダウンロード専用のソフトとなっており、価格は1800円とお手頃価格なのがいいですね。

 

1人でも遊べるのですが、2人プレイが非常に楽しい作品だと思いました。

パズルゲームやバトルゲームのルールは非常に簡単なので、ゲームが苦手な方でも気軽に楽しめます。

体験版も配信されているので、気になった方はぜひプレイしてみてください。

 

第6位 聖剣伝説コレクション

f:id:mono_kuro:20170608005115j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

2016年、おかげさまで聖剣伝説シリーズは25周年を迎えました。 そして、25周年を記念し、 『聖剣伝説-ファイナルファンタジー外伝-』 (GB) 1991年6月28日発売 『聖剣伝説2』 (SFC) 1993年8月6日発売 『聖剣伝説3』 (SFC) 1995年9月30日発売 初期の3作品を一本にまとめ、『聖剣伝説コレクション』としてNintendo Switch™でリリース。 今も心に残る、感動の物語を再び―

引用:Amazon

今なお愛されるアクションRPGの金字塔『聖剣伝説』シリーズの初期3作品を同時に楽しめる贅沢な1本です。

ニンテンドースイッチはWiiU以上に持ち運びがしやすいので、名作のリメイクとの相性がすごく良さそうですね。

いつでもどこでも、気軽に持ち運んで携帯機のように遊びたい作品です。

 

第5位 ドラゴンクエストヒーローズI・II

f:id:mono_kuro:20170314221036j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』、『ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり』の2つの物語を1本に収録。モンスターの大群を蹴散らす爽快なバトル、巨大モンスターとの白熱の攻防をその手に! 追加キャラクターや追加ボス、遊びやすさや操作性も向上! 友だちとのマルチプレイも楽しめる、究極の一作!

引用:任天堂HP

国民的RPGとして名を馳せる『ドラゴンクエスト』シリーズの血脈を継いだアクションRPG作品です。

PS4やPSvitaで発売されていた2作品が同時に遊べる贅沢な1本ですね。

テレビでは大迫力で、タブレットモードでは好きな体勢でじっくりと遊べるので相性は非常にいいと感じました。

 

ただのリメイクではなく、細かい調整により遊びやすくなったり、追加要素があるのも嬉しいです。未プレイの方は買って損なしの作品だと思います。

 

第4位 ARMS

f:id:mono_kuro:20170423161202j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

バネのようにのびるウデ「アーム」を持ったファイターたちが、 遠近自在、縦横無尽の戦いを繰り広げる新たな格闘スポーツ「ARMS」。 熱い戦いが、ここに幕を開ける。

引用:Amazon

任天堂が贈る新たな対戦型ゲームが「ARMS(アームズ)」です。

ジョイコンを左右に持ち、実際に腕を動かして攻撃するというシステムは直感的な操作が可能で誰でも気軽に楽しめそうですね。

登場するキャラクターもそれぞれに個性があって魅力的です。

 

f:id:mono_kuro:20170601224238j:plain

1人でじっくりプレイするのはもちろんこと、対人戦やオンライン対戦、2対2で戦うタッグバトル等も搭載されているので、ひとりでもみんなでも楽しめる作品です。

一足先に体験プレイをしてみたのですが、新感覚のプレイスタイルで新しい格闘ゲームといった感じがしました。

パンチが見えるので、どう動けばいいのかがわかりやすく、攻撃も腕を振ればOKといった点からも格闘ゲームが苦手な方も楽しめる作品に仕上がっていますよ。

 

第3位 マリオカート8 デラックス

f:id:mono_kuro:20170423161108j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

今までにないキャラクター・マシン・コースが加わり、『マリオカート8』がデラックスに!バトルモードも充実し、家でも、外でも、オンラインでも、熱い対戦を味わえる。

引用:Amazon

WiiUで発売されている「マリオカート8」の完全版と言える作品ですね。

WiiU版では追加コンテンツとして配信された、キャラクターはもちろん、新たに「スプラトゥーン」のガールやボーイなども追加され、総勢42のキャラクターを収録しています。

 

新キャラクターの追加だけでなく、新たなアイテムが追加されたり、アイテムを2つまで持てるようになったりと、戦略性も広がっています。

特に今作で追加された200ccはスピード感がかなりあり、ブレーキ必須の難易度でやり込みがいが抜群ですね。今までのマリオカートとは一線を画したプレイが楽しめます。

 

f:id:mono_kuro:20170601224119j:plain

オンライン対戦も気軽に参戦でき、1人でも2人でも可能なので少人数でも盛り上がれます。

スイッチ本体を持ち運んでおすそ分けプレイをするのにも最適なソフト間違いなしですね。

 

第2位 スプラトゥーン2

f:id:mono_kuro:20170601222405j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

4対4で地面にインクを塗り合い、インクを塗った面積の多いチームが勝利という明快なルールのアクションシューティング。ヒトに変身するあのイカが、大きく進化してNintendo Switchにやってくる。

引用:Amazon

Wiiで初登場して以来、爆発的な人気を誇る対戦型アクションシューティングゲームの最新作ですね。シューティングゲームでありながら、遊びやすい単純なルールや魅力的な世界観で大人から子供まで万人に愛されている作品です。

ジョイコンを左右に持ち、実際に腕を動かして攻撃するというシステムは直感的な操作が可能で誰でも気軽に楽しめそうですね。

登場するキャラクターもそれぞれに個性があって魅力的です。

 

f:id:mono_kuro:20170601222435j:plain

1人でじっくりプレイできる「ヒーローモード」や、みんなで協力して楽しめる「サーモンラン」などの新しい遊び方も追加され、さらに完成度の高い作品になりました。ニンテンドースイッチを代表する作品になる期待大のタイトルです。

また、スプラトゥーン2発売に合わせて、様々な関連商品も発売される予定です。特にオリジナルカラーのジョイコンが付属した本体セット「Nintendo Switch スプラトゥーン2セット」とオリジナルカラーの「Nintendo Switch Proコントローラー スプラトゥーン2 エディション」はかなりイカしてますね。

 

第1位 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

f:id:mono_kuro:20170314221107j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

広大な世界を舞台に、どこに行くのも、何をするのも、冒険のすべてがあなた次第。Nintendo Switchなら、自宅のテレビでじっくりプレイした続きを外出中に楽しむなど、プレイスタイルも自由自在。

引用:Amazon

名作です。

個人的には今まで遊んだことのあるゲームソフトの中でも1番といってもいいくらい中毒性のある名作ゲームです。

ゼルダのためにニンテンドースイッチを買っても後悔しないと断言できます。

とにかく自由で、世界観やすべての表現が美しく、いつまでもプレイしたくなるような作品です。

 

f:id:mono_kuro:20170601224142j:plain

ネタバレや先入観なしでプレイして欲しいですね。

「ゼルダの伝説」をあまり知らない方でも、こちらのインタビュー記事を読むと、プレイしたくなると思いますよ。

 

発売予定のおすすめソフトまとめ

最後に今後発売予定のソフトの中から期待大のオススメソフトをご紹介したいと思います。発売日当日に遊びたいという方は早めの予約をどうぞ。

ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX

f:id:mono_kuro:20170608001820j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

今度のポケモンは、1対1の対戦型アクション プレイヤーの意思に対して、ダイレクトに完璧に反応して動くポケモンたちの未知のバトルを実現しているぞ!

引用:Amazon

WiiUやアーケードゲームとして人気の「ポッ拳」のニンテンドースイッチ版ですね。ポッ拳とはその名の通り、ポケモンシリーズと鉄拳シリーズの夢のコラボ作品で、対戦型のアクションゲームです。簡単操作で奥深い駆け引きを楽しめるということで、多くのファンがいる作為品ですね。

スイッチ版では新たな追加要素として、3匹で1つのチームを組んで対戦する「チームバトル」や、インターネット上に作られたさまざまな対戦グループの中から、気の合う相手や、同じプレイスタイルの相手と手軽にバトルを楽しめる「グループマッチ」が追加されています。友達とはもちろん、一人でもじっくり楽しめますね。

 

f:id:mono_kuro:20170608001906j:plain

登場するポケモン達もシリーズで人気のポケモンが多く、デザインやモーションもかっこいいので、好きなポケモンを操作するだけでも楽しいですね。攻撃方法や動作など、それぞれに個性があって魅力的です。

 

f:id:mono_kuro:20170608001838j:plain

また、今作ではアーケード版・Wii U版に登場したポケモンに加え、バトルポケモンに「ジュナイパー」が初参戦します。サン・ムーンで登場した新ポケモンですね。その他御三家のアシマリとニャビーもアシストポケモンとして登場します。最初からすべてのポケモンを使えるというのも嬉しい点です。

「テーブルモード」、「TVモード」、「携帯モード」、すべてのモードに対応しているので、いつでもどこでもポケモンバトルが楽しめます。

 

モンスターハンターダブルクロス

f:id:mono_kuro:20170601222533j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

鮮明なグラフィックで表現される大迫力の狩りや、場所を選ばない自由なプレイスタイル。Nintendo Switchならではの狩猟生活が、はじまる。

引用:Amazon

みんなでやりこみたい大人気タイトル「モンスターハンターシリーズ」のスイッチ版ですね。こちらはニンテンドー3DSで発売されていた作品を、より快適に遊べるようリメイクされた作品です。

スイッチ版同士でのローカル通信やインターネット通信プレイはもちろん、インターネット通信プレイでは「ニンテンドー3DS版」ともプレイ可能が可能となっています。

また、3DS版をプレイ済みの方はセーブデータの引き継ぎも行えるようですよ。

 

f:id:mono_kuro:20170601222647j:plain

1人でじっくり遊びたい時は大画面のテレビモードで、みんなで集まってワイワイ遊びたい時は携帯モードで。ニンテンドースイッチの特徴を最大限に発揮できるゲームですね。

 

ロストスフィア

f:id:mono_kuro:20170802133242j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

Tokyo RPG FactoryとSQUARE ENIX が贈るProject SETSUNA第2弾タイトル『ロストスフィア』。

引用:PlayStationStore

儚く、切ないストーリー、個性的で魅力溢れるキャラクター、アクティブ・タイム・バトル2.0をベースに、移動要素を追加した戦略的なバトル、自由度の高いカスタマイズ要素など、伝統的なRPGのスタイルをベースに、現代のプレイ感を融合した、全RPGファンに贈る、ネオ・トラディショナルRPGです。

プレイヤーは主人公・カナタとなり、覚醒した“記憶の力”を用いて、記憶と共に失われてゆくこの世界を救うため、仲間と共に冒険へと旅立ちます。

 

f:id:mono_kuro:20170802133311j:plain

アクティブタイムバトルや刹那システム、機械兵器である機装など、様々な要素が気になる作品ですね。。

 

ファイアーエムブレム無双

f:id:mono_kuro:20170802133332j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

本作は、1990 年4 月の第1 作発売以降、数々の続編や派生タイトルが誕生し、 世界中で圧倒的な人気を誇る任天堂の「ファイアーエムブレム」シリーズと「一騎当千の爽快感」 をコンセプトに進化を続ける「無双」シリーズがコラボレーションしたタクティカルアクションゲームです。

引用:Amazon

ファイアーエムブレム×無双シリーズの夢の共演作品ですね。中世ファンタジーを舞台に英雄たちが運命に立ち向かい激しい戦いを繰り広げる 「ファイアーエムブレム」の世界観を再現し、シリーズの垣根を超えて多彩なキャラクターが登場します。

さらに、「無双」シリーズの爽快アクションはそのままに「ファイアーエムブレム」伝統の遊びも取り入れ、 よりタクティカルなバトルを実現しています。

 

f:id:mono_kuro:20170802133344j:plain

原作の幻想的な雰囲気や、鮮やかな色遣いを活かした質感あふれる最新グラフィックで表現されたキャラクターも素晴らしいですね。全編フルボイスで収録されるキャラクターボイスが物語をより盛り上げてくれます。

 

あとがき

個人的におすすめのニンテンドースイッチソフトランキングでした。

今回のランキングの中では「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」がダントツでおすすめできる作品です。

時間に余裕のある方は是非ともプレイして欲しい作品です。

 

ニンテンドースイッチはのソフトは、まだまだ発売されているタイトルが少ないので、これからの可能性を感じる端末ですね。

随時更新予定ですので、よろしければ参考にしてみてください。

 

関連記事