Monochrome

モノに関する情報をまとめたブログ

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)に関する情報総まとめ。基本スペック・関連周辺機器・ソフトウェアについてまとめました

f:id:mono_kuro:20170604204000j:plain

2017年3月3日に満を持して発売された任天堂の最新ゲーム機「Nintendo Switsh」、皆さんはもうプレイされましたでしょうか。

今回はこのニンテンドースイッチに関して基本情報やスペック情報から、最新情報、ソフトウェアや関連機器に関してまとめてみました。

これからニンテンドースイッチを購入してみようと考えている方や、ニンテンドースイッチに関して知りたい情報がある方は参考にしてみてください。

ニンテンドースイッチとは

基本情報

f:id:mono_kuro:20170604204307p:plain

任天堂から発売された最新型ゲーム機であるニンテンドースイッチはシーンに合わせてカタチを変えるゲーム機です。

3つのプレイモードで自由にゲームをプレイすることができるので、ゲームを大画面でじっくり楽しみたい方や携帯機として少しづつプレイしたい方、あらゆる方の要望を満たしてくれる端末と言えますね。

任天堂から発売された前世代のWiiU本体・WiiUゲームパッドが一つになった端末とも言えます。

 

f:id:mono_kuro:20170604204408p:plain

大きな特徴である3つのプレイモードは以下の通りとなっています。

TVモード

テレビにつないで、子どもから大人までみんなで一緒に楽しめるので、友だち同士の集まりやホームパーティなどに最適ですね。

ゼルダの伝説などのアドベンチャーゲームも大画面で遊ぶと、より世界観に入り込めるのでおすすめです。

 

テーブルモード

本体のスタンドを立てれば、テレビのない場所でもジョイコンを分け合い、画面をシェアして、すぐに対戦や協力プレイで盛り上がれます。

外出先や、電車内など小さなスペースで遊べるのがいいですね。

 

携帯モード

手のなかで、テレビ画面と同じゲーム体験が広がります。携帯ゲーム機の常識を超えた、手応えのあるゲームがいつでもどこでも楽しめます。

WiiUゲームパッドよりも小さく、持ち運びやすくなったのがいいですね。自宅でもベットの上に転がりながら遊ぶのもいいですね。

 

スペック情報

本体のスペック情報は以下の通りです。本体保存メモリーである32GBはダウンロードゲームや写真の保存に使用します。

ダウンロード版のゲームをプレイする場合にはmicroSDカードでの増設がおすすめです。

  スペック詳細
サイズ 縦102mm×横239mmx厚さ13.9mm(Joy-Con取り付け時)
質量 約297g (Joy-Con取り付け時:約398g)
画面 静電容量方式タッチスクリーン/6.2インチ液晶/1280×720ピクセル
本体保存メモリー 32GB
通信機能 無線LAN(IEEE 802.11 a/b/g/n/ac準拠)/Bluetooth 4.1
USB端子 USB Type-C端子
microSDカードスロット microSD/microSDHC/microSDXCメモリーカード対応
バッテリー持続時間 約2.5~6.5時間
充電時間 約3時間

 

本体情報

パッケージ内容は以下の通りです。ジョイコンのカラーはグレーとネオンレッド・ネオンカラーの2種類が発売されています。

そのほか限定カラーも登場予定となっていますので、要チェックですね。

  • Nintendo Switch本体:1
  • Joy-Con(L) :1
  • Joy-Con(R) :1
  • Nintendo SwitchACアダプター:1
  • Nintendo Switchドック:1
  • Joy-Conグリップ:1
  • Joy-Conストラップ:2
  • HDMIケーブル:1

 

周辺機器について

ニンテンドースイッチで遊ぶためには、本体とソフトを購入すれば基本的にOKですが、周辺機器を購入することで、より快適にプレイすることが可能となります。

以下に別売りの周辺機器についてまとめてみました。

商品名 説明
Nintendo Switch Proコントローラー グリップ型で持ちやすく、TVモードやテーブルモードでのゲームプレイが、 長時間でも快適にできるワイヤレスコントローラーです。
Joy-Con充電グリップ 付属のUSB充電ケーブルを使ってプレイ中に 「Joy-Con」の充電もできるので、バッテリー切れの心配がありません。
Joy-Con拡張バッテリー Joy-Conのバッテリー残量を気にせずに長時間のプレイが楽しめます。
Nintendo Switch キャリングケース 「Nintendo Switch」本体用のキャリングケースと、 液晶画面をキズや汚れから守る保護シートのセットです。
Joy-Conハンドル 「Joy-Con」を取り付ければ、ドライブ感覚で操作ができるようになり、 『マリオカート8 デラックス』などのレースゲームを楽しむのに最適です。
Joy-Con (L)/(R) 「Joy-Con(L)」と「Joy-Con(R)」に「Joy-Conストラップ(ブラック)」が2個付いたセットです。 本体が1台でも、ソフトによっては「Joy-Con」のみを持ち寄ることで多人数でのプレイが可能です。
Joy-Conストラップ ストラップを手首にかけてプレイを楽しめるほか、 「Joy-Con」が持ちやすくなり、より快適に操作できるようになります。
Nintendo Switch ACアダプター 「Nintendo Switch」本体または「Nintendo Switchドック」に接続して使用するACアダプターです。 普段、ACアダプターを設置していない寝室や外出先などで、充電したい場合に便利です。
Nintendo Switchドックセット 「Nintendo Switchドック」と「Nintendo Switch ACアダプター」、 「HDMIケーブル(1.5m)」のセットです。 いつもと違う場所でも、「Nintendo Switch」をTVモードで楽しむことができます。

 

これらの周辺機器の中でも、特に需要が高いと思われるジョイコンとジョイコンProコントローラーについて詳しく解説したいと思います。

ジョイコン

本体に付属しているジョイコンだけでも2人プレイは可能ですが、3人以上でプレイしたい場合には追加でジョイコンを購入する必要があります。

1セットの内容としては、『Joy-Con(L)』と『Joy-Con(R)』、『Joy-Conストラップ(ブラック)』が2個ついています。

追加で購入する場合はグレー・ネオンレッド/ネオンピンク・ネオンイエロー・ネオングリーン/ネオンピンクの4種類から選ぶことができます。

スプラトゥーン2の発売に合わせて登場する新色である「ネオングリーン/ネオンピンク」はおすすめですね。 

 

Nintendo Switch Proコントローラー

従来のWiiUプロコントローラー等に近い形の横長のコントローラーですね。 充電式のワイヤレスタイプなので、これだけでプレイすることが可能となります。

ニンテンドースイッチ本体に付属しているジョイコンとは、また違った使い心地があり、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」や「ドラゴンクエストヒーローズI・II」などのアクションゲームをプレイする際にに最適なコントローラーだと感じました。

本体付属のコントローラーでもプレイすることは可能ですが、より快適にプレイしたい場合は必須のアイテムだと感じました。 価格が少し高いのが難点ですが、それに見合った心地よさを得ることが出来ると思いますよ。

 

ソフトウェアについて

発売済みのおすすめソフト

まずは既に発売済みのニンテンドースイッチソフトをご紹介したいと思います。

ゲームタイトル 発売日
1-2-Switch 2017.3.3
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 2017.3.3
ドラゴンクエストヒーローズI・II 2017.3.3
スーパーボンバーマンR 2017.3.3
ぷよぷよテトリスS 2017.3.3
マリオカート8 デラックス 2017.4.28
Minecraft: Nintendo Switch Edition 2017.5.12
聖剣伝説コレクション 2017.6.1

 

発売中のソフトに関しておすすめのランキングをつけていますので、よろしければ以下の記事を参照してみてください。

 

発売予定のおすすめソフト

ここではニンテンドースイッチ対応の新作タイトルをご紹介したいと思います。

個人的に気になっているのは「スプラトゥーントゥーン2」と「スーパーマリオ オデッセイ」ですね。どちらの作品も2017年に発売ということで今からプレイするのが楽しみでワクワクしますね。

ゲームタイトル 発売日
ARMS 2017.6.16(金)
スプラトゥーン2 2017.7.21(金)
モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver. 2017.8.25(金)
Sonic Mania 2017.夏
ファイアーエムブレム無双 2017.秋
スーパーマリオ オデッセイ 2017.冬
ソニックフォース 2017.冬
ゼノブレイド2 2017年

 

購入しておきたい周辺機器について

本体とソフトの他に忘れてはならないのが、周辺機器・アクセサリですね。

上述の通り、任天堂の純正品として様々な周辺機器が発売されています。今回は個人的にこれは必要そうだなと感じたものを厳選して紹介したいと思います。

購入しておきたい周辺機器やアクセサリに関して詳しくまとめた記事がありますので、よろしければこちらも参考にしてみてください。

 

保護フィルム

ニンテンドースイッチはいままでの据え置き型ハードとは異なり、外に持ち運ぶこと多くなると思います。 そうすると、どうしても液晶画面に傷がついたり、汚れがついてしまうこともあると思います。

そのような問題を解決してくれるのが保護フィルムですね。 最近ではただの保護フィルムだけではなく、ブルーライトカットやガラスフィルムなど様々な種類が発売されています。

個人的に使ってみてよかったなと感じたのが「貼りやすい液晶保護フィルム ピタ貼り for Nintendo Switch」ですね。

保護フィルム・ガラスフィルムに関しては以下の記事で用途別に詳しく解説しています。こちらも参考にしてみてください。

 

microSDカード

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)は本体容量が32GBとなっています。この数字はゲームソフトをパッケージ版ではなく、ダウンロードソフトをメインで遊びたいと考えている方には少ない数字ですね。 そんな悩みを解決してくれるのが、「microSDカード」です。

ニンテンドースイッチでは32GB〜最大で256GBの容量のmicroSDカードを使用することができます。

 

ダウンロード版のゲームのデータ容量はそのソフトによって異なりますが、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」で13.6GB、「マリオカート8デラックス」で7GBとかなりの容量を必要とします。

中でかなりの容量が必要となるのが、「ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch」ですね。ダウンロード版の容量は32GBとなっています。

いくつか主要なタイトルのダウンロード版の容量についてまとめてみました。microSDカードを購入する際の参考にしてみてください。

ゲームタイトル 容量
ドラゴンクエストヒーローズI・II 32GB
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 13.4GB
マリオカート8 デラックス 7GB
スーパーボンバーマンR 2.4GB
いっしょにチョキッと スニッパーズ 1.6GB
1-2-Switch 1.5GB
ぷよぷよテトリスS 1.09GB
Minecraft: Nintendo Switch Edition 698MB
聖剣伝説コレクション 174MB

 

任天堂公式ライセンス商品のmicroSDカードは最大でも64GBと、少し物足りない容量なので、ダウンロードソフトをたくさんプレイしたいという方はそれ以外のmicroSDカードも検討すると良さそうですね。

ニンテンドースイッチに使用する際におすすめのmicroSDカードについては以下の記事にまとめています。よろしければご確認ください。

 

キャリングケース

ニンテンドースイッチは従来の据え置き型ハードと違い、持ち運びができるという大きな利点があります。そのため、外出先で携帯モードやテーブルモードでプレイする機会も多くなると思います。

そんな時に、必須の商品とも言えるのがニンテンドースイッチ本体を入れることができるキャリングケースですね。

キャリングケースに関しては任天堂公式ライセンス商品の出来がかなりいいので、本体とセットで購入することをおすすめします。

画面保護シートもついて2,000円程度なのでコストパフォーマンスも抜群ですよ。

以下の記事では実際に購入してレビューをしています。キャリングケース購入を検討されている方は参考にしてみてください。

 

また、スイッチ本体だけでなく、「Nintendo Switchドック」や「ACアダプター」も一緒に持ち運びたいという方は「まるごと収納バック」という製品がおすすめですね。

友達の家や宿泊先などテレビがある場所ならばどこでも大画面でゲームをプレイすることが可能になります。

 

あとがき

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)に関する基本情報からソフトウェア、関連する周辺機器のまとめでした。

これからニンテンドースイッチを買おうと考えている方や、ニンテンドースイッチってどんなもの?と思っている方の参考になれば幸いです。

 

関連記事