Newニンテンドー3DSバーチャルコンソールで遊べるおすすめのGB/GBCソフトまとめ

ニンテンドー3DSの機能のひとつとして「バーチャルコンソール」というモノがあります。この機能を使用すればGBやGBCなどの懐かしの名作タイトルを3DSでプレイすることが可能となります。

そこで今回は個人的におすすめのバーチャルコンソールソフトを紹介したいと思います。懐かしのゲームばかりですので、気軽に遊んでみてください。

また、バーチャルコンソールはニンテンドーeショップで購入するよりも、Amazonでオンラインコードを購入したほうが10%OFF〜の値段で購入することが可能となっています。ソフトを探す際はAmazonのバーチャルコンソールストアで見てみることをおすすめします。

参考

バーチャルコンソールストア

おすすめ3DSバーチャルコンソールソフトまとめ

ポケットモンスター 赤/緑/青/ピカチュウ

全てはここから始まったと言っても過言ではないくらいの不朽の名作ですね。 モンスターを育成して進んで行くRPGの原点と言ってもいいでしょう。

バーチャルコンソールでもセレクトバグが出来るのも嬉しいですね。

今なお楽しまれていることからも、その完成度の高さはわかります。 時々無性にプレイしたくなる、子供の頃から心に刻まれている1本です。

 

ポケモンカードGB

ポケモンカードをゲームにしたGBの名作ソフトです。 実際のポケモンカードも大好きだったのですが、ゲームならお金を気にせずにデッキを組めるというのが衝撃的でした。

当時から完成されていたゲームシステムと好きなジムから攻略できるというゲームバランスも抜群のソフトだと思います。

 

トレード&バトル カードヒーロー

遊戯王カードやポケモンカードなどと違い、完全にオリジナルのカードゲームでありながら、とても楽しめる作品です。ストーリーもしっかりしており、楽しみながらゲームに慣れていき、徐々に自由なデッキが組めるようになるというカードゲームのいいところをうまく取り入れています。

タイトルの通り、トレードやバトルなどカードゲームの楽しさがギュッと詰まった隠れた名作ですね。

 

星のカービィ2

超定番の横スクロールアクションゲームです。 このころから基本的なシステムは今でも変わっていません。それだけ完成されたシステムということでしょうね。 冒険の途中で出会う3匹の仲間である、リック、カイン、クーと合体することでコピー能力プラスプラスアルファの多彩な攻撃ができるのも楽しいですね。

 

カービィのピンボール

カービィとピンボールが融合した作品ですね。 登場するキャラクターやギミック、音楽などカービィシリーズを遊んだことがある方はより楽しめる作品になっています。ただのピンボールでもカービィシリーズのキャラクターが登場することで非常に可愛らしくなっています。

 

カービィのきらきらきっず

こちらはカービィを題材としたパズルゲームですね。ブロックを挟んで消すというわかりやすいルールに加えて、ブロックの種類が少なく、連鎖が起こしやすいのでパズルゲームが苦手な方でも遊びやすいです。ちょっとした隙間時間に是非。

 

ゼルダの伝説 夢をみる島DX

ゼルダの伝説の面白さが詰まった名作2Dアクションゲームですね。 ゲームボーイの作品とは思えないくらい豊富な謎解きが楽しめ、さすがゼルダだなと思える作品です。ストーリー・アクション・BGM・謎解き要素など全てにおいて綺麗にまとまっています。

 

ゼルダの伝説ふしぎの木の実 大地の章 / 時空の章

片方の章のクリア後に表示される「あいことば」をもう片方の章の開始時に入力することで、連続した物語として遊ぶことができるという、今までにない作品ですね。 大地の章と時空の章という2つのソフトを利用することで真のエンディングへと向かうことができます。

 

スーパーマリオランド2 6つの金貨

スーパーマリオの正統進化バージョンです。 冒険の舞台がガラッとからり、敵キャラクターやギミックなども豊富になりました。 今ではお馴染みのキャラクターであるワリオが初登場したのもこの作品ですね。

 

ワリオランド3 不思議なオルゴール

ワリオが主人公のアクションゲームですね。 ワリオの特徴である不死身を活かした謎解きが面白いですね。 ラスボス以外にゲームオーバーが存在しないので誰でも遊びやすい作品だと感じました。

また、ストーリーをクリアするだけならば48ステージをクリアするだけなのですが、お宝探しなどのやり込み要素もあり、完全クリアを目指すとボリューム満点の作品と言えます。

 

ドンキーコングGB ディンキーコング&ディクシーコング

スーパーファミコンでやりこんだシリーズのひとつである「スーパードンキーコング」のGB版ですね。 ドンキーコングシリーズと言ったら、適度が難しさがいいんですよね。 今作もゲームボーイであることにより、画面が小さくて操作がより難しくなっているので、難易度は高めです。

 

真・女神転生デビルチルドレン黒の書 / 赤の書

ストーリーや世界観が大好きな作品ですね。 悪魔を仲魔にして、悪魔合体で強化するというシステムも良く出来ていますよね。 これ以降も同様のシステムを利用した作品が何作も登場するのですが、それくらい完成されているシステムということですね。

 

カエルの為に鐘は鳴る

ゲームボーイの名作としてよく登場するゲームですね。 ストーリーやキャラクター、音楽、演出、戦闘システムなど、どれをとってもうまくまとまっている印象があります。 王道アクションRPGゲームです。

 

あとがき

ゲームボーイやゲームボーイカラーの名作を3DSで気軽に遊べるというのは非常にありがたいなと感じますね。

どの作品も価格が安く、ダウンロードするだけですぐに遊べるので、気になった作品がありましたらプレイしてみてください。

久々に昔のゲームをプレイするのもいいものですよ。

参考

バーチャルコンソールストア

関連記事