ビットフライヤーの口座開設方法を初心者向けに詳しく解説

この記事でbitFlyer(ビットフライヤー)でビットコイン等の仮想通貨を取引するためのアカウントを開設する際の口座開設(登録・本人確認)方法について詳しく解説していきます。

口座開設はとても簡単で5分程度の時間があれば完了しますよ。

ビットフライヤー口座開設に必要なもの

まずは登録前に準備しておく情報をまとめますね。

登録前に必要なもの

ビットフライヤーの口座を開設するために必要なものは以下の3つだけです。

  1. メールアドレス
  2. 本人確認資料(運転免許証など)
  3. 銀行口座

登録だけならメールアドレスだけでOKです。ですが、仮想通貨取引などの機能を利用するためには本人確認資料の提出が必須となるので、登録前に準備しておくことをおすすめします。

もし本人確認証が手元になくても、メールアドレスだけでも登録しておくと、後ほどすぐに本人確認証ができて便利になりますよ。

ビットフライヤーの公式サイトはコチラ
 

登録後に必要なこと

アカウント登録が完了したら、以下のような手続きが必要となります。

  • 本人情報の登録
  • 本人確認資料の提出
  • 取引目的等の確認
  • 銀行口座情報の登録
  • 郵便ハガキの受取

今回はアカウントの登録からハガキを受け取って取引ができるようになるまでを解説しますね。

 

ビットフライヤーの登録手順

メールアドレスで無料登録

ここからはアカウント登録手順を解説します。

まずは、bitFlyer(ビットフライヤー)のホームページへアクセスします。

登録画面の「メールアドレス」にメールアドレスを入力するか、Facebookのアカウントでログインします。

 

登録メールアドレスの他にも「Facebookアカウント」・「YahooID」・「Googleアカウント」で口座開設ができます。自分が使いやすいものを選んでくださいね。

メールアドレスで登録した場合は、登録したメールアドレスにキーワードが記載されたメールが届きます。届いたメールのキーワードを入力すればアカウント作成は完了です。

1.メールで送られるキーワードを確認。

 

2.メールで確認したキーワードを入力して、アカウント作成ボタンをクリック。

 

3.最後に4つのチェックを入れたら「bitFlyerをはじめる」をクリック。

これでアカウント登録は完了となります。

 

この状態でできること

ここまでの手順でビットフライヤーへのアカウント登録は完了となります。

アカウント登録が完了した状態を「ウォレットクラス」といいます。ここから本人確認をすることで、ビットコインの購入など仮想通貨取引ができるようになります。

 

つまり、ビットフライヤーで仮想通貨取引をする場合には本人確認をする必要があるということですね。ここからは本人確認のやり方を解説していきます。

ビットフライヤーの公式サイトはコチラ
 

本人確認の手順まとめ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
 

それでは、ここからはビットフライヤーの全ての機能を利用するために必要な本人確認資料の提出方法を解説していきます。

本人情報の登録

ビットフライヤーのアカウント登録が完了したら、本人情報を入力しましょう。「まずは取引時の確認の入力からはじめる」をクリックしてください。

本人情報の入力画面が表示されるので、「名前」「性別」「住所」等を入力していってください。

この際、本人確認資料(免許証等)と同じ情報(名前、住所等)を入力する必要がありますので注意しておきましょう。

 

本人確認資料の提出

身分証明書は、簡単にサイトからアップロードできます。スマホで写真を撮影すれば、それをサイト上にアップすることで、身分証明書の提出は完了します。

本人確認資料として使える身分証明書は以下のとおりとなります。

個人の方はいずれか1点(氏名、住所の記載があるものに限る)

・パスポート(顔写真のあるページと住所のページをご提出ください)

・在留カード(裏面もご提出ください)

・特別永住者証明書(裏面もご提出ください)

・運転免許証(裏面もご提出ください)

・運転経歴証明書(裏面もご提出ください。交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限ります)

・住民基本台帳カード(裏面もご提出ください)

・マイナンバーカード(裏面の画像はアップロードしないでください)

・IDセルフィー(提出書類とご本人が一緒に写っている写真)

 

取引目的等の確認

次に、職業や取引の目的を入力します。それぞれの項目について該当するものにチェックを入れて「入力する」をクリックしてください。

 

銀行口座情報を登録

日本円の入出金に利用する銀行口座の情報を登録します。私は三井住友銀行で登録しましたが、おすすめの口座は住友SBIネット銀行です。

 

ハガキの受けとり

ここまでの登録が完了すると、ビットフライヤーからハガキが簡易書留で郵送されます。このハガキを受け取ると、全ての手続きは完了となり、全ての機能が使えるようになります。

これで入金などができるようになりました。早速ビットコインなどの仮想通貨投資を始めてみましょう。

ビットフライヤーの公式サイトはコチラ
 

まとめ

ビットフライヤーの口座開設方法まとめでした。

全ての手順がネット上で出来るので、すごく簡単に始められますよ。必要なものも以下の3つだけです。

  1. メールアドレス
  2. 本人確認資料(運転免許証など)
  3. 銀行口座

 

アカウント登録はメールアドレスだけ、本人確認資料もスマホで撮ってネットで登録するだけなので本当に簡単です。

みなさんもビットフライヤーで仮想通貨投資を始めてみてくださいね。

ビットフライヤーの公式サイトはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です