【レビュー】Switch「ゼノブレイド2」ストーリー・戦闘システムは◎だが、UIの細かいところが気になるRPG

この記事では、2017年12月1日に発売されたニンテンドースイッチ専用ソフト「Xenoblade2 (ゼノブレイド2)」をレビューします。

人気RPGシリーズのナンバリング作品ですね。すでに100時間以上プレイしており、ストーリークリアだけでもかなりのボリュームがあり、クリア後もやり込める大作に仕上がっています。

プレイしていて感じたことや、良かった点・悪かった点をまとめていきたいと思います。

※本レビューはネタバレを含みます

ゼノブレイド2とは?

「ゼノブレイド2」はモノリスソフトから発売された、戦略性の高い戦闘と壮大な冒険が楽しめる本格RPGであり、ゼノブレイドシリーズのナンバリング作品です。今作がシリーズ3作目ですね。

シリーズ作品ですが、前作「ゼノブレイド」と直接的なつながりはないため、今作からでも楽しむことができます。

ちなみに、「ゼノブレイド」をプレイした人が喜ぶような仕掛けもあるので、前作をプレイした方はより楽しめる作品と言えるでしょう。

 

前作から一新された王道ストーリー

主人公レックスと、ヒロインのホムラ

主人公のレックスは、雲海から資材や古代文明の遺物を引き揚げるサルベージャーを生業とする少年。サルベージャーの主人公が、ヒロインであり「天の聖杯」と呼ばれる伝説のブレイドと出会うところから物語は始まります。

ホムラに命を救われたレックスは、彼女と運命を共有する「天の聖杯のドライバー」として、楽園に連れていってほしいというホムラの願いを叶えるため、世界樹の上にあるという伝説の地、「楽園」を目指す。というストーリー。

冒険の舞台やキャラクターは前作から完全に一新されています。登場するキャラクターも多く、それぞれが個性的で、物語を楽しませてくれます。

序盤から物語の世界へ引き込まれるストーリー展開も素晴らしいですね。

 

複雑で奥が深い戦闘システム

奥が深いバトルシステム

本作での戦闘は基本的には「オートアタック」で攻撃しつつ、ブレイドスイッチ、ドライバーアーツ、ブレイドアーツ、ブレイドコンボ、必殺技、チェインアタック」といった複数のバトルシステムを駆使して戦います。

確かに複雑なバトルシステムではあるのですが、その分使いこなせるようになってくると奥深いバトルが楽しめるようになります。

序盤こそ、オートアタック中心のため、ゆっくりとしたテンポの戦闘になりがちですが、各種システムが解放されて、戦い方が確立されてくると戦闘がとっても楽しくなります。戦略性と爽快感が合わさった、他にはない戦闘システムと言えますね。

 

豊富に用意されたサブクエストでやり込める

本作には、メインストーリー以外にも様々なサブクエストが用意されています。クエストの内容としては、アイテム収集や敵との戦闘など、いわゆるおつかいですが、それぞれにしっかりとしたストーリーが用意されています。

豊富なクエストでやりこめる

それぞれ簡単なクエストから、イベントシーンのあるクエストなどもあり、メインストーリーから少し離れてやり込めるのも良い点だと感じました。

クエストをこなすことでレアアイテムを入手できたり、レベルを上げることができるので、メインストーリーに詰まりそうになったらサブクエストを攻略していくことができます。

常にやれることが複数存在するので、色々と自由に楽しめるのが良いですね。

 

ムービーが長いため、テンポが悪い

ここからは少し気になった点をいくつか挙げておきます。

まずは、ムービーシーンについてですね。これがとても頻繁に導入されているため、ゲームとしてのテンポが非常に悪くなっている印象を受けました。

長めのムービーが頻繁に挿入される

基本的な会話やイベントは全てムービーで行われるので、移動して新しい地にたどり着くたびにムービーシーンが入り込んでくるんですね。

ムービーをみている間はやることがないので、ゲームをプレイしているというよりは、アニメを見ているような感覚になりました。

テンポよくプレイしたいという方は、少し気になる点かと思います。

 

システム面に難あり!

ユーザーインターフェースがわかりにくい

一番気になったのがユーザーインターフェースのわかりにくさですね。メニュー画面からフィールドマップ、フィールドスキルなどの細かい部分での使いづらさ、わかりにくさが目立ちます。

メニュー画面を開いてもどこで何ができるのかが非常にわかりづらく、キャラクターのステータスを確認するのも一苦労です。

どこで何ができるのかがわかりにくい

また、「広大なフィールド」を探索するのが、本作の良さであるにもかかわらず、マップ機能の使い勝手が非常に悪く、どこに行けば良いのか、今どこにいるのかがわからなくなり、同じ場所を彷徨うということが何度かありました。

フィールドで発動するスキルが一度話しかけないと条件を満たしているかがわからず、条件を満たすためにメンバーをその都度入れ替える必要があったり、宝箱や採集時のアイテムは散らばったものを回収しなければならなかったりと、不満点が目立ちました。

いちいち条件を満たしているかの確認が必要

他にも、ブレイド同調という、いわゆるガチャのようなシステムに関しても、演出がカットできないため、面倒に感じてしまいます。もちろんレアブレイドを集めるのは楽しいのですが、もう少しストレスがなければよかったのにと感じました。

ブレイド同調のムービーはカットできない

 

チュートリアルが不親切

最近のゲームソフトには説明書が同梱されていません。その代わりにゲーム内でわかりやすいチュートリアルが入るのが一般的なのですが、本作の場合はこのチュートリアルが不親切なのも気になりました。

戦闘システムの説明などは1回しか行われず、読み飛ばしてしまうと見返すことができません。十字ボタンで見ることができるチュートリアルだけでは情報量が少なく、遊びづらいですね。

十字ボタンのチュートリアル

 

まとめ

ゼノブレイド2の評価
ストーリー
(4.0)
遊びやすさ
(2.5)
やり込み度
(5.0)
総合評価
(4.0)

大ボリュームのメインストーリーやサブクエスト、理解すればするほど奥深い戦闘システムなどすごく面白い要素はあるのですが、細かい部分での遊びにくさが目立つ作品と感じました。

特にユーザーインターフェースのわかりにくさは、長時間プレイする本作での大きなデメリットと言えます。そういった点からも、ゲーマー向けの作品と言えますね。

現代風のJRPGとしての世界観が素晴らしいだけに細かい点が気になってしまいましたが、やり込み要素が豊富なRPGであることは間違いないので、歯ごたえのあるRPGをプレイしたい方におすすめの作品と言えるでしょう。

シムテム面がアップデートで改善されることを期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です