読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Monochrome

モノに関する情報をまとめたブログ

「Nintendo Switch Pro コントローラー」の使用感・レビュー。長時間のプレイには必須のアイテムだと感じました!

f:id:mono_kuro:20170311151445j:plain

今回はNintendo Switchの周辺機器の一つである「Nintendo Switch Pro コントローラー」についてレビューしていきたいと思います。

ニンテンドースイッチ本体に付属しているジョイコンとは、また違った使い心地があり、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」や「ドラゴンクエストヒーローズI・II」などのアクションゲームをプレイする際にに最適なコントローラーだと感じました。

その他の周辺機器については以下の記事を参考にしてみてください。

Nintendo Switch Proコントローラーとは

概要

従来のWiiUプロコントローラー等に近い形の横長のコントローラーですね。

充電式のワイヤレスタイプなので、これだけでプレイすることが可能となります。

TVモード・テーブルモードどちらでも使用可能で、 長時間でも快適にプレイができますね。

 

f:id:mono_kuro:20170311144936p:plain

ボタン配置はこのような感じになっています。

スティックと十字ボタンの位置が斜めになっていることで、非常に操作しやすくなっていますね。

 

f:id:mono_kuro:20170311145241p:plain

裏面はこのような感じです。ZL・ZRボタンが押しやすくていいですね。

 

スペック情報

基本的なスペック情報は以下の通りです。

  • サイズ:縦106mm×横152mm×厚さ60mm
  • 質量:約246g
  • バッテリー 持続時間:約40時間
  • 充電時間:約6時間 

 

実際の使用感について

開封レビュー

f:id:mono_kuro:20170311150003j:plain

パッケージはこのような感じですね。

小さめの箱ですがが、ずっしりとした重さがあっり、中身が詰まっている感じがしました。


内容物は以下の通りとなっています。

  • プロコントローラー本体
  • USB充電ケーブル

 

使用するためには、まず最初にニンテンドースイッチ本体とProコントローラーを接続する必要があります。

接続することで本体側でコントローラーの登録が行われます。

 

コントローラーはこのような感じです。

f:id:mono_kuro:20170311150148j:plain

 

ちょうどいい大きさで手にしっかりとなじみますね。グリップを付けたジョイコンと比較すると、より横長になっています。

f:id:mono_kuro:20170311150257j:plain


ジョイコンの場合、十字ボタンと3Dスティックが縦に並んでおり、長時間の使用では操作しづらい部分もあったのですが、Proコントローラーの場合は、従来のコントローラーと同じような感覚でプレイすることが可能となっています。

また、グリップの部分はゴムの素材を使用しているので、すべりにくくてとても持ちやすいですね。

 

40時間連続使用可能なバッテリー

プロコントローラー最大の特徴がこのバッテリー駆動時間でしょう。

通常のジョイコンでは最大で20時間の使用だったのが倍の40時間となっています。このおかげで、長時間プレイしてもコントローラーをその都度充電するということが必要なくなります。

休日などに何時間もプレイしたい時やには最適なコントローラーといえるでしょう。

 

また、ケーブルを接続することで充電しながらのプレイも可能というのが地味ですが嬉しい点ですね。

充電を忘れても問題なくプレイすることが可能となります。

 

心地よい操作ボタン配置

f:id:mono_kuro:20170311150506p:plain

前述の開封レビューでも述べましたが、ボタン配置がジョイコン+グリップに比べて、とてもよくなっています。

ジョイコン+グリップでは手が大きい方には少し窮屈な配置だったボタンが、横長になったことにより、とても心地よく押せるようになりました。


この微妙な心地よさが、長時間のプレイでは響いてくるんですよね。

ジャイロセンサーなども備わっていますので、今後発売予定のスプラトゥーン2などでも大間活躍しそうです。

 

あとがき

本体付属のコントローラーでもプレイすることは可能ですが、より快適にプレイしたい場合は必須のアイテムだと感じました。

価格が少し高いのが難点ですが、それに見合った心地よさを得ることが出来ると思いますよ。

参考になりましたら幸いです。

 

関連記事